2013年7月22日月曜日

お昼のサンドウィッチ、仙台黒毛和牛のステーキ

お昼のサンドウィッチには野菜が入ると嬉しいですね。春頃から職場での昼食はサンドウィッチに切り替えてました。ハムはいつものケーファーで頼んで、好き勝手してましたが痩せるんですよ(笑)しっかり考えれば、オニギリとカップ麺の組み合わせは多すぎるんですよね。
職場でサンドウィッチの問題は「新鮮な野菜」でした。チーズやレバーペーストなどは保管できるので常備してますが、どうしても新鮮な野菜が維持できなくて・・・ ところが、「いたがき」さんで各種レタス類の即使えるパックに気がついたのです。その後、野菜売り場では普通にリーフを数枚単位でパックされた品物に目がいくように。早速、今週のお昼から導入です。
以前は家の人に用意してもらって面倒をかけていたのですが、これならば洗うだけで持ち込める感じです。まぁ、洗って小分けするのは自宅ですが・・・

花ニンニクと細くて「そのまま食べられるセロリ」を炒め物に。ともに香りが強いのですが、ニンニクの香りにセロリの清涼感が加わって良い感じです。そのまま食べられるセロリは、お店曰く実際には炒めた方が美味しいとのこと。袋を開けたときからセロリの香りで楽しみでしたが、炒めると香りが広がります。
冷めるとニンニクが強くなりますので、香りを食べるならばできたてがオススメです。

今日は天気が悪かったからなのか?普段は高値で売られているカゴメのトマトが安かったのです。でも切ってみると完熟なので、イオンの売り場が売る時期を誤っただけなのかもしれない。完熟なので美味しいのですが、あんまり売れていないのが可哀想ですね。

先日、CocoRonで買っておいた仙台黒毛和牛のステーキ用を焼きました。これは失敗したくないので(笑)自分で焼いています。家の人は焼き過ぎてダメにしてしまうんですよ・・・
最初に両面焼くときに塩分をつけないことがコツなんですが、家の人は最初から塩をバッチリやるらしい。塩でお肉が硬くなるんですよね。私は、アルペンザルツのハーブ入りを愛用しているんですが、最近入荷しなくなって困っていたりします。

セシェのミュスカデと。実質二晩で飲みきってしまいました。セシェのミュスカデは他には無い特徴として、無駄な香りや余韻が残らないことですかね。全く個性がないとか旨味が無いわけでなくて、「無駄が無い」のが重要なのでしょうね。
昨夜は疲れで飲まなかったのですが、飲まない方が睡眠で疲れが取れないことに気がついてきました。眠りが浅いのかもしれませんね。