2013年7月7日日曜日

ガタケット128、ジェノバ、新潟駅南

ガタケット128は蒸し風呂のような館内でした。トイレやエントランスは涼しいのに…コスプレの皆さんが居るエリアの方が涼しいので、少し長く涼みに行ったりしてました。全体的に出展もお客さんも少なめでしたが、ありがたいことにスペースで買い物をしていただいたお客さんが日頃よりも多かったです。次回は8月後半なので、一層の暑さ対策が必須ですね。


蒸し風呂の会場から宿に戻って、お風呂でスッキリでした。汗を洗い流して着替えないとどこにも出かけられない状態でした。自分の汗は気がつかない方が多いのですが、自分のも他人のも気づく人も多いはず。意外と会場のスペース付近は汗臭かったりするので、気分的にも洗い流したくなります(笑)


着替えも完了してお土産探しに出かけたのですが、とりあえず新潟駅のシャモニーさんで休憩です。コロンビア・スプレモをいただきました。


毎度、お土産は決まっているんですけど、少しは迷って見るんです。瑞花さんのオカキと酒類が定番だから迷うはずはないんですよね。瑞花さんでは「枝豆」味が出ていたので、今回は枝豆味を多めにしました。楽しみですね。


今夜もジェノバさんで夕飯です。日中の水分不足からか?ワインを少し飲んだだけでクタクタ。

いつもの、ヒレ肉とバジルの盛り合わせをいただきました。

長くお邪魔させていただいて、いろいろとお話して楽しかったですね。次回も楽しみです。


新潟駅南は少しずつ景色が変わってきたのですが、このところの変化は劇的です。ホテルメッツ方面は開業後始めて通ってみました。確かに駅と直結で便利そうですね。うるさそうですが…

若い人の街なんでしょうね。夜になると(昼間もいましたが)ギターを持った若い人が楽しくやってます。ビックリしたのは、若い娘が演奏も唄もやっていたこと。しかも、「はじめてのチュウ」で、あの娘たちの世代の歌ではないよな〜と。きっと、実川俊晴さんも、こんなに長寿な曲になるとは予想しなかったよね〜と思いながら。


この頃はヤマト2199が話題の様なのですが、全く気にもしてなかった私。


でも、このポスター見ると「ヤマト」なんだね〜と。もう、原作者ではなくて、現在のスタッフのお陰で古臭くないのですね。昔のヤマトだったら見る気がしないもんね。

さすがに展示会を見に行くほど熱心ではない私。