2018年3月11日日曜日

ブルノー・クラヴリエ アリゴテ

一昨日の夜は、久しぶりにアリゴテです。
ブルノー・クラヴリエ アリゴテを呑んでました。
これが良いんですが、最近はなかなか買えなくなってしまいました。
少し前まではアリゴテを勧めても本気で聴いていない人ばかりだったのですが、此の所急速に注目されるようになってしまいました。
昔からアリゴテを勧めてくれていたワイングロッサリーさんには感謝ですね。
Bruno Clavier / ALIGOTE(2012)

「舞茸のホイル包み焼き」は、家の人がヴィーブルの吉田さんを真似たそうです(笑)

「トンテキ」みたいな豚ロース焼き。豚ロース焼きよりも下に入っている野菜炒めの方が良い感じに仕上がっていました。
随分と硬い豚ロースだと思ったら、家の人が漬けたのではなくて既製品とのこと。まぁ、自家製でないと硬いんでしょうね〜

オヤジさまの昆布煮付けとアリゴテ。この組み合わせが一番良かったです。
ご馳走様でした。