2018年3月4日日曜日

辻標巡りは川内界隈

今日も辻標巡りでした。
陽が長くなって撮影も楽ですね。

辻標「坊主町・江戸町」は八幡から子平町に抜ける狭い道の中間にあります。
ちょうど四谷堀の脇で、仕事で散々悩まされた地域でした。
その為、辻標が立っているのは知っていたのです。

辻標「川内三十人町・牛越橋」は牛越橋のバス停隣です。
実は、去年も近くに来ていたのですが・・・疲れていて撮影を忘れていたのでした。
「るーぷる仙台」の路線なのですが、観光で降りるのは人は少ないでしょう。
海外からの旅行者が山居沢発電所を見に行った様ですね。発電所が遺産ですからでしょうか?

辻標「亀岡町・山屋敷」は周囲が工事中。
この地域は古いところで、ノンビリした雰囲気のところでした。
昔ですが、私はこの地域の郵便配達のアルバイトをしていました。仙台中央郵便局から自転車で来るのも遠いし坂も辛かったです。
当時は、辻標の向かい側あたりにジュースの自動販売機があったので、この辺りで一休みしていました。

辻標「澱橋通・行人坂」は国際センター駅の向かい側に在るのですが、周りに石垣や石畳が多いので気付きにくい気がします。
澱橋通を北に向かうと澱橋ですが、その周辺が住所での川内澱橋通。この辺もアルバイトで配達をしてましたね。まぁ、川内澱橋通〜川内〜川内元支倉〜川内亀岡町(山屋敷)と一人で配達していたのです。
年賀状の配達も大変でしたが・・・真夏の配達も暑くて大変でした。楽しかったですけど。
今日は、昔の思い出の多い地域でした。