2015年5月11日月曜日

雪の残る飯豊連峰、ランボルギーニのトレスコーネ・ウンブリア・ロッソ

新潟から仙台への帰り道は、毎度の寄り道です。今回は「安田民族資料館」を観に行きました。既に閉められてから長く経つのですが、自動車旅も徐々に少なくなる前に見ておきたかったのです。
ここには、蒲原鉄道のモハ51が展示されているんです。以前から国道から見えていたんですが・・・痛みが激しくなってきたとのことで、見られるうちに訪問です。確かに木製の部分が朽ち始めてますね。大正〜昭和の車両なので貴重なんですが、消えて行く運命なんでしょうかね。

寄り道は津川駅から川沿いに。ここで、列車のダイヤを確認するのでした。
そして、鹿瀬で予想外の下り列車。上りのチェックで少し余裕を見ていたら・・・下りも余裕が出ていたんですね。既に通過していたと勘違いしていたのでした。
そして、上り列車は以前も撮影した場所から。ここでは列車が遅れてきた感じです。
徳沢鉄橋を会津に向かう列車を見送りながら、乗用車よりも列車の旅が楽だと思うのです。

そして、晴天が期待できる今回は飯豊連峰の写真も狙ってました。雪の残る飯豊連峰を、快晴の空で撮影したかったのです。昔、何気なく見かけたのに撮影をしていなかった・・・それから新潟から帰るときは峠を通っていたのです。
何年間も春の国道459号を通ったのは、この一枚が撮影したかったからなんです。やっと、自分の中にあったルールが解消した気分です。

気分的に良かったので、「宮古そば」の「懐石そば かわまえ」さんでお昼です。なぜか?オバちゃんが私の顔を覚えていたらしい。
今回も「天婦羅蕎麦」です。前回同様にお腹いっぱいでした。山菜の天婦羅が美味しいですね。コシアブラが好物なので嬉しいですね。蕎麦も私の好きな細目なのですよ。去年も今頃に来ていて、記録を見ると5月12日・・・一日違いでした。

青空の「飯豊連峰」を観られたので、予想通りに青空の「磐梯山」も撮影です。喜多方の拡がりを見ると、峠越えから解放された安堵感から眠くなりました。
今回は喜多方の太郎庵さんで休憩です。「和栗モンブラン」を食べて気分転換でした。
やめれば良いのに、裏磐梯〜土湯〜福島市と急カーブの多いコースで帰宅でした。仙台に着いたときはクタクタでした。長時間の運転が苦手になりましたね。

少し休んでから夕方の散歩。今日は定禅寺通では無く一番町界隈でした。サンモール一番町側には、今週末の青葉まつり用の山鉾が置かれてました。なんとなく、日頃から置かれていても違和感はない感じですね。アーケードが広いからかな?
散歩の後は久しぶりのsukeRokuさんで休憩でした。グレープフルーツ酎ハイを呑むとホッとしますね。環境の変化に弱くなった私です。

今夜は呑まないつもりでしたが、少しだけワインを頂きました。ランボルギーニのトレスコーネ・ウンブリア・ロッソです。なんとなく、今週中は余裕で楽しめるワインのような気がします。少し呑んだら「タフなワインだな」と感じます。単に度数が高いのではなくて、舌触りの滑らかさも楽しめますね。
Lamborghini / Trescone Umbria Rosso

明日からは仕事に戻るのが現実。やれやれです。