2013年2月6日水曜日

Chambolle-Musigny 2001 Domaine Jean-Paul Magnien

日中に雪が降り続いたのですが、夕方には晴れて車に積もった雪も綺麗に落ちて問題無し。気温も氷点下にならないので、夜の散歩に出発したのでした。

散歩途中の夕飯は鮨勘です。今夜はボックを飲みながらドンコの唐揚げが美味しかったですよ。淡白な白身は唐揚げにするとホクホクとなります。
今日は刺身を少なめにしてタラバガニも焼いて出してもらって良かったです。それでも貝3種の刺身は食べたのですが・・・

いつも通りに「はらドーナッツ」で明日のオヤツを仕入れて帰宅して、予定どおりに準備していたマニャンを開けました。出かける前にセラーから出しておいたんですよ。
ジャン=ポール・マニャンのシャンボール=ミュジニーです。結構、入手しやすい値段で出されていたのですが、これがオススメなのです。
ジャン=ポール・マニャンは新樽が少ないので、樽香がキツく出てきません。「あぁピノ飲んでるよね〜」と幸せな気分なのです。キャピキャピなピノを飲みたい人は、どっかのマズいのに高額なやつを飲んでください。
Chambolle-Musigny 2001 Domaine Jean-Paul Magnien

自宅でワインを飲むのは久しぶりですね。最近は外で飲んでいるのが多いので、ゆっくり部屋飲みするのは新潟に行く前以来です。ワイン飲んでないから不調だったのかもしれない(笑)