2018年7月4日水曜日

シャルル・ワンツのゲヴェルツトラミネール

帰宅してからの散歩。
一日中乗用車の運転を続けていたので、散歩をして体を動かさないと脚の感覚が変でした。
散歩の途中、ホシヤマ珈琲店さんで休憩です。
いつもの慣れたコロンビアを飲んでホッとしていました。
ロイヤルクラウンダービーのカップも久しぶりです。
カーネーションいっぱい!

そして、帰宅して疲れていたので、ボトルを確認しないで抜栓していました。
シャルル・ワンツのゲヴェルツ・・・もう買えなかった1998年。
とても美味しく良い香りで、飲み終えたのでした。
Gewurztraminer Grand Cru Kirchberg(1998) / Charles Wantz
ゲヴェルツトラミネール グラン・クリュ キルシュベルグ / シャルル・ワンツ

喜多方で買ってきた野菜も少し出してもらいました。
アスパラガスはシーズン終了。
スナップエンドウやキュウリなどが多く買えたのでした。
家の人が、インゲンと納豆を入れた卵焼きを出してくれました。
不思議と納豆臭くないので、呑むのにも良いですね。
オヤジさまの、ホヤの塩辛。
これも臭みがない作り方なので、ワインでも日本酒でも合いますよ。
ご馳走様でした。