2018年7月17日火曜日

廃れていた青根温泉

昨日は、青根温泉に行ってきました。
新しい方の公衆温泉でスッキリしてから、昔の共同温泉のある裏通りを歩きました。

以前は「名号湯」が共同温泉で、この通りは年中通っていました。
当時は周辺の売店で購入して入浴するので、馴染みのお婆ちゃんなども居ました。
公衆温泉ができてからは、運営も別になってしまって温泉街もスッカリ廃れてます。
そして、今は悲しい状況になっていました。
川崎町は町長だけではなく議員も無能なんでしょうね・・・

スッカリと廃れてシャッタ街になっている青根温泉。
急速に廃れた気がします。
ギャンブルしか見ていない町の運営では、復活できるかは微妙です。

帰りに「たべにおいで」で昼飯兼夕飯でした。
暑い季節には「肉ニラ辛子麺(ラーメン)」ですね。
さらに汗をかきながら食べてました。
これが旨いんですよ。
ご馳走様でした。