2013年4月18日木曜日

鹿島台のトマト、シャトー・トゥール・ド・カランのグラーブ・ブラン

今夜は急に冷え込んで、薄着だった散歩が辛い状況。先日の歩き過ぎで脚は筋肉痛で・・・長い距離は無理ですね。色々と無理そうだったので、ホシヤマ珈琲で休憩して帰ってきました。
ちょっと重かったウェッジウッド。安定しているけど重いんですね。
そして、メゾン・カイザーで買ってきたピスタチオのマフィン。夕飯が遅くなるまでの間に凍頂烏龍茶でいただきました。
昨夜、職場で飲むお徳用のお茶を買ったのが、伊勢丹・三越の徳用タイプな凍頂烏龍茶。これが、通販で購入する高いお茶よりも美味しかったりして・・・嬉しいけどショックでもあります。甘い香りが長めに続いて、味わいなどは雲南のお気に入りだった丸みのある味。脂っこいわけではないのに油の「ヌメ」っとした舌触りみたいな優しい味なのです。中国茶の専門店でもあてにはならないんだな〜と実感です。

今夜は鶏と春菊の炒め物。タレに漬けてあるニンニクがスライスされて一緒に炒めてあるので、ニンニクの香りとタレに染み出ている味も加わって美味しいのです。
そして、職場の大先輩にいただいたトマト。鹿島台のトマトで、とにかく美味しいですね。鹿島台から矢本や東松島周辺はトマトがおいしかったよね。後輩の親戚も東松島でトマト農家だった気がするし。
味が濃厚なのは量販店でも買えますが、甘みと酸味がしっかりしていて香りも良いのは少ないよね。直売とかでないと買えないタイプで、よく考えてみれば大先輩も農家だった・・・納得です。

夕飯前の予告メニューとイメージが違かったのでミスしたかと思ったワインの選定でしたが、今夜のシャトー・トゥール・ド・カランのグラーブ・ブランは香りも味も負けないタイプで良かった・・・
Chateau Tour de Calens (Graves)
( http://d.doublet.free.fr/gb_a.htm )
そのまま部屋飲みも開始すると、少し温めの方が美味しいと感じます。夏でも楽しめそうだけど在庫あったかな?