2012年8月6日月曜日

七夕始まる

七夕の初日はお昼頃に雷雨があったので夕方は涼しくて快適。七夕飾りを出していたお店の人たちは、雨よけなどが大変だったと思われます。

しばらく七夕期間中は天気が続いていたので、久しぶりに雨が降った七夕さん。もともと、七夕は農業関連のお祭りなので雨にあたりやすいのは仕方ないのですよ。織り姫とか考えている人は大きな勘違いで、7月7日に七夕やる人も勘違い君。まぁ、天下の天文ガイド編集部にも勘違い君が居て仙台七夕を編集後記で批判していたのは笑えない・・・とても専門家とは思えない、いや、その程度の会社だったんですね。

仙台の七夕は雨対策として水に強い紙を使うところもあるのですが、迅速に上げ下ろしできる仕組みを笹竹に取り付けているのが普通です。雨になると急いで収納したり、雨よけを取り付けたり・・・ただ単に長くやっているんではないのですよ。

七夕期間中に日光の天然氷で作ったかき氷が売られていました。実は以前に食べていたので分かっていたのですが、頭が痛くならないとか氷の温度が2℃とかは子供でもわかるウソです。
氷を切るように削るタイプを使用してるので「あたりまえ」の出来なのです。ただ、シロップを丁寧に何度もかけていて美味しかったですね。

今夜は少しヘルシーメニューにしてもらおうとしたら、せっかくの仙台黒毛和牛で野菜炒めにされてました。美味しいかもしれないけどね、普通は豚肉の方が美味しいでしょ。家の人の感覚はずれていると感じる瞬間です。