2012年8月27日月曜日

新潟から仙台へ、土湯温泉

昨日までの新潟での日程も終わって、今日は一日かけて帰宅するだけです。今回も途中の津川から磐越道を下りて山都方面を走って喜多方へ。天気が良いし磐梯山が目の前にあるしで、早速停車して撮影です。平日なので車も少ないし、撮り鉄の人たちもいなくて平和です。
ちょうど、積乱雲が良い感じで綺麗です。この雲では雨が降らなかったようですね。

喜多方の太郎庵によって「会津の天神さま」を買いながら休憩です。運転時間が長くなるので昼食をいっぱい食べるわけにはいかないので、ちょっとだけケーキをいただくことにしました。「まるごとメロン」なんですが、全体がメロン・・・食べ進むと中にスポンジやクリームが詰まってます。

太郎庵は毎回おもしろいケーキが食べられますね。

裏磐梯方面を運転してみようと北塩原を通過中に雲を撮影。真っ青な空に真っ白な雲は綺麗ですが、これから雲の下に向かうのですけど・・・結局、最後まで天気が崩れないままでした。

土湯峠経由で抜けるルートだったので、土湯温泉に寄ってみました。
この辺りは新潟や裏磐梯よりも涼しいのです。

気になったのが、温泉宿が閉まっている・・・休館中なのか廃業したのか?震災の影響なのか?
建物が壊れていたり片付けをしていたりと活気が無い感じです。以前は駐車ができなくて困ったほどでしたが車も多くないし。震災後はどこの温泉は辛いのかもしれない。

観光案内で教えてくれた温泉は「川上温泉」でした。土湯でも一番奥の方にある温泉宿で、お風呂は複数在るようでした。今回入ったのは「半天岩窟風呂」で、広いし深いし湯量も多めでした。
途中の道が狭くなってますが、ドライブしてきた場合は一番良いかもしれませんね。

そして夕飯は「たべにおいで」でした。不思議なことに食べるだけで疲れが回復した気分です。少し辛みが効いていると元気になるんですかね。
豆豉炒め(ナス)の単品。これが良い感じの辛みと甘さなのです。

新潟〜仙台の道のりは前回同様に国道459号を走ってきましたが、沿線の災害復旧が進んでいない光景は変わらないまま。震災だけで無く、只見の大雨も河川の周囲が荒れたまま・・・震災では意外と内陸や日本海側でも道路に影響が出ていて、少しずつ大きくなっている気がします。元に戻るのには何年かかるんだろう?

今回のガタケットはサークル数も入場者も大幅に改善して震災前に復活したようでした。去年辺りは今後どうなってしまうのかと心配でしたが、少しずつ回復して良かったですね。まぁ、私のところは低調だったりします(笑)