2018年4月28日土曜日

刈穂の山廃純米生原酒

ケヤキの若葉で建物が隠される時期になってきました。
メディアテークも上の方が見えなくなってきましたので、正面から全体を楽しめるのは冬までお預けです。
そろそろ、定禅寺通はゴキブリホイホイの上を歩く感じになります。
ケヤキの樹液が歩道に降り注ぎ、敷石がペタペタになるんですよ。

昨夜は、刈穂の山廃純米生原酒を少し呑んでました。
ラベルも「超弩級 気魄の辛口+25」とか凄そうですが、刈穂は+18くらいを普通に出荷しているのでした。
今回は原酒なので19度ですが、2年くらい寝かせたので円やかで美味しいです。
鳥長さんの軟骨と、どこかの出店のシュウマイ。
家の人が仙台三越で買ってきたシュウマイは美味しかったのでした。
イベント出店なので同じものが買えるかは不明なのが残念。
ご馳走様でした。