2017年6月25日日曜日

涌谷のボービリエにて、二次会は鮨勘で

ワイン関連のお仲間に混ざって、涌谷のボービリエでワイン会でした。
いろいろとワインも揃っていたのですが、庄子さんの料理が美味しくて満足です。
野菜のジュレはナスタチュームのソースも良い感じなのです。爽やかですね〜
多くの種類の魚貝が使われた、普通ならメインにもなる料理。貝の種類も多いのですが、魚も4種類くらいは使われていた気がします。ワインが進みます。
後半のラムのグリル。セロリラブ入りのマッシュポテトがラム肉と合いますね。
庄子さん、ご馳走様でした。

私の持ち込みは控えめです。ダニエル・リオンのコート・ド・ニュイ・ヴィラージュで、震災前に購入してから保管していたもの。好きなタイプで、個人的に楽しめる感じでした。
Domaine Daniel Rion / Côte de nuits-Village(1976)

もう一本は、シャトー・パプ・クレマン。意外と大人しくて、料理を選ばない感じでした。食べるときに何にでも合うのは良いよね。
これは3年程前に買ったみたいで、セラーの中では控えめな存在でした(笑)
Chateau Pape Clement / Pessac-Leognan(1998)

仙台に戻ってから、アエルのホシヤマ珈琲店で休憩。金魚みたいな可愛らしい絵柄のカップが良いですね。ヘレンドは変わったデザインも在るんですね。

そして、ワイン会の二次会を名掛丁の鮨勘で二人で始めたのでした。
日本酒を少し呑みながら、畝須〜尾肉と食べてました。アワビの本田スペシャルを久しぶりに食べられて良かったです。
Yさん、お疲れ様でした。