2016年3月21日月曜日

ツグミさんと「桂の花」

錦町公園で小鳥さんを待ってましたが、いつものヒマラヤ杉の樹には来てくれなくて空振りでした。かなり高い梢に集合して賑やかにしてましたね。
ヒマラヤ杉を見上げて見つけたのは、マツボックリの芯だけが残っていること。なんとも不思議ですね。
代わりにツグミさんが忙しそうにしてました。日中の公園では2羽しか見かけないですね。縄張りが広いんでしょうか?
花とツグミ。この花は桜ではなくて「桂の花」です。蜜も果実も期待できない樹なのですが、落葉すると甘い香りがするのです。でも、鳥には餌にならないかもね。
一眼レフよりもコンパクトカメラの方が使いやすいですね。私のK-01は液晶画面でピントが合わせにくいのでした。外光に負ける液晶なので、ズーム撮影はダメダメです。対策しないとね〜アタッチメント買ってあるのに・・・
桂の花を拡大すると、まだ満開ではないようですね。少し油断すると、葉がついて咲き終えますから。ちなみに、この樹は雄花が咲いているみたいです。
錦町公園は仙台でも早咲きする桜の新名所。若いけど多くの品種が植えられているので、長い期間桜が楽しめるのです。
早咲き桜の蕾は週末から来週には開花しそうな感じです。
桜が咲く頃には花粉症も治るので、花を見て回るのが楽しい季節です。