2012年7月12日木曜日

ドメーヌ・デュ・フォール・マネル「アルジル」、ノースウェストチェリー(オレゴン産ダークチェリー)

仙台は梅雨空なのに気温が下がらない天気でした。夕方には晴れてきて、夜は傘の心配なく散歩でした。
雨上がりの定禅寺通りは街路灯が濡れた路面に映って綺麗でした。

今夜は、ドメーヌ・デュ・フォール・マネルのシードル「アルジル」です。安心して美味しく飲めますね。
Domaine du Fort Manel / Cidre du Fort Manel 2010 Argile
http://www.pommedor.nl/


今夜は砂肝を煮てもらったのですが、家の人の作り方は変わっているようで・・・よく分かりませんが、柔らかくて美味しいです。

そして、オヤジさまのヒジキの煮付け。オヤジさまも毎回色々と試しているようで(笑)格段に美味しくなってますね、今年になってから。いっそのこと商売でもしたら良いのでは?と思う程ですね。
家の人たちは料理が趣味なのが共通している気がしますね。

丸今本舗からノースウェストチェリー(オレゴン産のダークチェリー)が到着しました。以前も美味しいダークチェリーを食べていたのですが、今回のは別格だと出ていたのです。
確かに普通よりも大きいです。色合いもダークレッドではなくてブラウン系です。

手に持つと大きさが実感できるでしょ。大きいから大味だなんて思っているかも知れませんが、このチェリーはまったく逆です。大きい方が味にコクがあって美味しいです。しかも、佐藤錦の酸っぱすぎる酸味や口に残りすぎるベタな甘味もなくて美味しい。果肉も皮も程良い柔らかさなのでした。
普段見るアメリカンチェリーや桐箱入りの佐藤錦を連想した人は、一旦イメージをリセットして食べた方が良いですね。