2011年11月27日日曜日

雨乞のユズを加工開始、ブリッタも見頃

今朝はブリッタが見頃になってました。育てているシャコバはマリッサ > トーアニレー > ブリッタ > カルメン と順に咲くので、そろそろ終盤です。カルメンとブリッタが寄せ植えされている鉢にはナゼかマリッサが・・・どうして間違ったのか分からないのですが。今回マーキングしたので来春は完全に分離する予定です。

マリッサよりも全体にピンク色が強くて、花弁の反りが大きいのが特徴です。花芽が多く付いてくれないのは株が小さいからなので、来年は株を分離して枝を多く育てる準備ですね。

今日は秋空と冬空の境界線が楽しめる綺麗な空。こんな状態でも仙台は晴れるので天気には恵まれているのかも知れません。他の都市では考えられないでしょうね、晴れでも曇りでもない天気なんて。

自宅周辺ではイチョウがさらに色づいて綺麗です。枯れ葉の掃除は大変でしょうが・・・この辺りから仙台駅前を銀杏坂と呼んでいるようですが、なかなか良い通称名ですね。広瀬通周辺までイチョウが続きます。

本日は、先日の雨乞のユズを加工開始です。今年はユズ砂糖・柚子のピール・ユズ酒です。早速、柚子のピールの仕込み開始です。これを後日再加熱してさらに柔らかく加工します。

そしてこちらは、仕込んであったものを乾燥開始したところ。去年の仕込みなのです・乾燥工程が遅れていたところに震災でここまで瓶詰めで維持されていたのです。

さらに、去年仕込んだユズ酒の詰め替え作業。地震で保存瓶が破損したり転倒したりしなかったので助かりました。意外とお酒関連は震災で被害無くて(笑)

なんとか例年の加工が完了できそうです。12月上旬までに全行程を完了すればいいかなと、順調に進む事を祈っております。