2011年11月21日月曜日

デンマークカクタスが見頃

職場で育てているデンマークカクタスが見頃に近づいているので、お昼休みに撮影しました。震災の影響で長い間世話ができず、剪定も植え替えもやれませんでした。4月の下旬まで割れた鉢の入れ替えも一部は出来ないし水やりも不十分でした。それでも見事に花を付けてくれたので、植物の持つ生命力に感心します。
大きく拡がる花は見事なもので、私がデンマークカクタスに集中したころの株です。

マリッサは私の持っているシャコバサボテンのなかで一番大きな株の集合に育ってくれました。それが地震で倒れて株の根元から被害が出たときはガックリしました。時期的に植え替えも出来ないくらい暖かくなってしまい、不足した用土を補充するくらいでした。
光の加減で白から薄ピンクまで見栄えが変化して楽しめる株です。一部はホワイトベルと間違って混植してしまったのですが、開花時期がずれるので判断が簡単です。花の形も色合いも違うのですが・・・以外と間違います。

こちらはトーアニレーです。株としては古参なのですが、大きな株にはならないタイプです。何度も株分けを行いあちこちに配られた綺麗で成績が良い株でした。鉢の中の用土がほとんど失われて一番大変だった株でしたが、花芽が少なめでも来年につなげられた気がします。緊急で砂が多い土を追加した影響が出たようなので、年明けには鉢ごと全入替で手入れをする予定です。
まだ咲き始めに近いので色合いが濃いままですが、満開になると縁取りが濃いピンクで内側がクリーム色と独特の花になります。今週末が楽しみです。