2011年2月15日火曜日

ルイ・ジャドの150周年記念キュベ-その2

 今夜からはジャドの150周年記念でお得だったピノをいただきます。クーヴァン・デ・ジャコバンにモレ・サン・ドニの特級区画からもブレンドして作られたブルゴーニュ・ルージュなのだとか。まぁ、どこでも美味しければ良いんですけどね(本音)
 今回のボトルは今まで飲んだピノの中で一番安心して飲めた気がします。美味しいピノは何度か出会っているのですが、「最後まで美味しく飲めるのだろうか?」と、心のどこからか不安みたいな疑いみたいな感情が。ディーラーさんや世の中がピノ!ピノ!と騒いでいた時期もあるので、何となく疑いたくなっていたわけです。現在はピノのブームも去っているようなので冷静になっているのかも知れませんが・・・
 結構酔いが回るまで飲んでしまいましたが、美味しいですね。当たり前だ!と言われそうですが(笑)

 本日は先日のカマンベール・ド・ノルマンディーをひき続き。皮の部分を分けてますが、少し温めて当然どちらも食べます。このチーズを食べる度に赤が良いよねと納得させられます。今回はジャドのピノがとても合って良い感じですが、これも運が良いのかも知れませんね。

 酔いが心地好い。

今夜は:
Louis Jadot 150thAnniversary Bourgogne PinotNoir 2007