2011年2月6日日曜日

白石温泉 薬師の湯

 今日は蔵王から七ヶ宿方面へ出かけました。天気が良かったので雪が綺麗な蔵王周辺を楽しめましたが、除雪がしっかりとされているのには驚きました。おかげで快適なドライブになりました。
 七ヶ宿では恒例の「雪だるま・雪像コンテスト」の雪だるま達が軒先に出来ていました。可愛い物や巨大な物まで揃っていて楽しめます。今年は雪が多いので雪の心配は無かったでしょうが、こんなに雪が降ったのも数年ぶりの気がします。昔は常に雪の上を走行して氷点下が当たり前だったので。

 高畠周辺だけは雪で道が細いところがありましたが、もともと道が細くなる部分で雪の量が違うので仕方ないのですね。道の駅周辺も雪の量が多すぎて観光する人はいませんでした。確実に七ヶ宿よりも雪の量が多いのは山脈の西側だからですね・・・

 東北道に戻りながら、白石市の「白石温泉 薬師の湯」に寄りました。元は簡保の宿だった建物を白石市で運営している施設です。宿泊施設ですが、日帰り温泉もすぐに入れて快適なところです。露天風呂もあるので何度も出入りして、すっかりクタクタになるまで温泉に浸かってしまいました。
 温泉の多い地域ですが、団体さんが来ているのを見ると利便性以外にも快適なんでしょう。かんぽの宿時代に宿泊した親曰く、結構良い宿だったそうです。


 菅生サービスエリアで夕飯でしたが、ここのレストランは他と違って注文してから席に着くタイプでした。なので、席の方では注文の声もなく静かにノンビリと食事できます。写真は「とびトロ丼」です。運転する人にちょうど良い量で、とびっ子の方がイクラよりも合っているかも!と思う丼でした。


 さらに「ずんブラン」です。ずんだ餅をモンブラン風にしたのですが、滑らかな舌触りでずんだ茶寮などよりもいいですね。

本日は:
白石市「白石温泉 薬師の湯」http://yakushi-yu.com/