2010年9月6日月曜日

カーブドッチのセミヨン2008

 先日新潟に行った際に買ってきたセミヨンです。ビンテージが一つ進んで2008年になってます。保存しないで次々に飲んでしまう私に向いている品種です。長期熟成無しで飲めるので気楽です。長熟タイプだけが良いワインではないのですから、目的に合わせて買うべきです。ただし、カーブドッチの場合は多少高めなのが痛い。取扱の少ない品種なので仕方ないのですがね。
 輸入になりますがセミヨンの古いタイプを飲んだ時はビックリしました。記録しておけば良かったですね。長熟出来るか否かは造り方次第みたいで、ピノとかカベルネソービニョンのマニアには怒られそうだけど。
 カーブドッチのセミヨンは酸味が良い感じで超微発泡な感じです。飲みごし爽やかですから、冷やしてサッと飲みましょう。今回はフライした鶏肉を食べた後に飲み始めたのですが、スッキリとするので味が薄めの鶏肉料理にも合うでしょうね。フライドチキン以外にもハツも良い感じかな?


 今夜はつまみが沢山あって幸せな感じ(笑)ナゼかウニとか桃とか・・・ウニはあっさりと蒸したウニみたいですね。懇意にしている魚屋さんからもらったそうですが、年間どれくらい刺身を買っているのでしょうね・・・ゾッとするエンゲル係数かも。
 あぁ、肝心のセミヨンとの合わせでは、桃が一番です。次がウニで、最後が南高梅です。

今夜は:cave d'occi Semillon 2008