2010年8月8日日曜日

わざわざ七夕なのに出かけたのでした


 街中が七夕で混雑しているのに出かけたのは、三越で開催最終日の萩尾望都・展示会を観るため。いつも来るはずの案内が届いて無くて気が付くのが遅れていたのでした。何とか間に合った感じでしたね。会場には邪魔な場所でいつまでもオタク談義しているオバチャンが・・・ゲンナリしますね。

 この頃は会期中に観に行っていなかった七夕でしたが。やはり人混みは辛すぎますね。設営日の散歩に戻さないとゆっくり出来ないです。
 人混みを避けてホシヤマ珈琲でノンビリして・いやノンビリ出来なかったです。ここにも、変なオバチャンが隣に来て終了。
 昼を食べてないまま夕方だったので鮨勘へ行ったのですが、ここでは変な職人さんの前に座ってしまい食べ物来ない! さらに変なオバチャン×2がどやどやと来てウンザリ。それはこっちの注文だよ!喰うなよ!あのなぁ。ビールだけで散々待たせられると帰りたくなって終了。何だったんだろう?

 全体的に勘違いの外人(地元以外の人)が多くて、良くない状態でした。変な人は来ないでね。