2010年7月12日月曜日

シャルル・コーリーをさらに開けてしまった

 本日は健康的にキュウリで呑んでおります。家で加工したらしい甘味噌でいただいておりますが、これが酒とやると美味しいのです。皆さんも色々とやってみてください。個人的には新潟市のジェノバの主人が作ってくれた味噌ペーストもいいな〜。新潟駅周辺に宿泊したら駅南のケヤキ通りにあるジェノバに行ってみてね。


 本日のお題。シャルル・コーリーのゲヴュルツトラミーを飲み始めました。良く解説されているバラの香りがするのです。しかも「スゴイ!」のですね。もう既に買えなくなってしまっているので悲しいのですが、飲める機会がありましたら是非飲んで欲しいです。シャルル・コーリーはどれも良い物だったので、本当に残念なのです。

 シャルル・コーリーの瓶が面白いところはコルク栓の替わりにガラスのキャップを採用しているのですが、それは誰もが知っているお話ですね。実は瓶の口を良く見るとキャップシールの下側辺りがあたるところに小さな角があるのです。この角はキャップシールをクルクルと軽く回転させてあげると、シールの下側が膨れてナイフ無しで剥がせる工夫がしてあるのです。小さな工夫の積み重ねが飲む人達の快適と満足度を上げる瓶だったのですね。伝統だけではダメだと教えてくれています。

CHARLES KOEHLY : GEWURZTRAMINER SAINT-HIPPOLYTE 2007