2010年3月7日日曜日

3ヵ月放置されていたソフト

 久しぶりに開成庵で鰻を食べて飲んで、ご機嫌に帰宅するとiMacが起動しない病。またしてもブートブロックがダメのようです。ディスクユーティリティーで見ると異常ないように見えますが、デフラグツールではそうじゃないのでした。原因は以前から分かっているのに面倒で、まとめて修理させるから良いか? とりあえずバックアップを戻しながら、アップデート動作がおかしかったAcrobatを入れ直して・・・何か忘れてる。

 忘れていたのは届いてから3ヵ月放置されていた翻訳ソフトのアップデート版。いい加減アップデートしないとシステム的には不整合だったり・・・
 実はあんまり使わなくなってしまった翻訳ソフト。事実上使い物にならないのは昔と変わらないのでした。logoVistaの製品はマシな方なのですが、どうしても読まなければいけないところは海外の通販サイトと宝石のサイト。どちらも通常の意味とは違う使い方が多いサイトなので、まともに翻訳されるはずがないのですね。仕方ないです・Googleの翻訳よりはマシですが。